トップ > 会社案内 代表者挨拶

代表者挨拶

元来農耕民族である日本人は、ここ数千年農業によって国を支えてきました。主食の水稲を中心として野菜、果樹などの農産物を生産し、国民の食を満たしてきました。農業の役割は食料の供給だけではありません。水田や畑、森林を維持し村落を守ることにより、日本人の国民性、国の環境、風土を形作ってきました。農業は日本の伝統文化そのものであると言えます。

清和肥料工業株式会社は、長年独自の製法による有機肥料の研究、開発に努めてまいりました。粒状肥料における有機質原料の含有率を最大100%まで可能にし、有機質の特性を極力損なわない低温乾燥技術等を開発してきました。このタブレット製造方式は優れた肥料製造技術として、今日では業界で広く認知されているところです。ゼラチン加水分解物を原料としたアミノ酸含有葉面散布材も弊社独自の製法です。今後、作物の種類、肥料の散布時期、土壌の種類や状態、天候の変化などに適宜に、綿密に対応できる肥料が求められます。肥料は、未だ無限の可能性を秘めていると考えています。我々はあらゆる農業形態に適した肥料を追及し続けて行きます。

清和肥料工業株式会社は、肥料の製造販売を通して農業に貢献します。良質な肥料を農家にお届けするとともに、安心、安全、美味しい農産物の生産をお手伝いしていきます。流通網の合理化に挑み、より新鮮な農産物を妥当な価格で消費者に提供し、国民の皆様の健康に寄与したいと考えています。